【暴露】YTM Final Editionに潜む”大きなリスク”と稼ぐのが難しい理由【検証レビュー】

『YTM Final Edition』をレビューします

今回は、『YTM Final Edition』というYouTubeアフィリエイトの教材をレビューしていきます。

いきなり結論から言ってしまいますが、この『YTM Final Edition』は本気で収益化していきたい人にはオススメできません。

なぜなら、稼ぐことが非常に難しく、かなりのリスクが潜んでいる商材だからです。

当レビューでは、この「稼ぐのが難しいこと」「商材に潜んでいるリスク」について詳しく解説していきます。

当レビューを読んで分かること
  • 『YTM Final Edition』は、そもそもどんな商材なのか?
  • 『YTM Final Edition』に潜んでいる大きなリスク
  • 『YTM Final Edition』で稼ぐのが難しい理由
  • 『YTM Final Edition』をオススメしている人が多い本当の理由

『YTM Final Edition』とはどんな商材なのか?

『YTM Final Edition』は、YouTubeに動画をアップロードして広告収入を得るノウハウです。

購入すると、会員専用サイトへのアクセス権が与えられます。

YTM Final Editionのメンバーサイト
YTM Final Editionのメンバーサイト

『YTM Final Edition』のキャッシュポイントはアドセンス。YouTubeのアドセンスは再生回数に応じて報酬額が決まります。

販売元は、数多くのトレンド教材をリリースしてきた株式会社move(バナナデスク氏)。

以前は『YTM∞(MUGEN)』として販売されていましたが、YouTubeの規約変更に伴って『YTM Final Edition』としてリニューアルされました。

『YTM Final Edition』の全貌

『YTM Final Edition』の販売ページには以下のように書かれています。

  • ネタ探しのアイデア不要
  • 顔出し不要
  • 声出し不要
  • 動画撮影不要
  • 撮影機材不要
  • スキルや経験も不要

YouTubeアフィリエイトを実践する上で、上記のことはすべて不要だと断言されています。

なぜ、そんなことが可能なのか?

あなたは疑問に思ったかもしれません。

結論から言うと、『YTM Final Edition』は他人のコンテンツを編集した動画を作るノウハウです。

自分でオリジナルの動画を作成するわけではありません。

なので、YouTubeアフィリエイトに必要とされることが全て不要なのです。

  • ネタ探しのアイデア不要
    ⇒既存のコンテンツを編集するだけだから
  • 顔出し不要
    ⇒自分が動画に出演する必要がないから
  • 声出し不要
    ⇒自分が話す必要がないから
  • 動画撮影不要
    ⇒他人のコンテンツを流用するだけだから
  • 撮影機材不要
    ⇒無料ソフトがあれば他人の動画を編集できるから
  • スキルや経験も不要
    ⇒既存のコンテンツを編集するだけだから

これが『YTM Final Edition』の全貌です。

著作権的には完全にグレーゾーンなので、リスクの伴うビジネスモデルということになります。

『YTM Final Edition』ではどんな動画を作るのか?

他人のコンテンツを編集するとはいえ、『YTM Final Edition』では具体的にどんな動画を作るのか?

疑問に思う人もいるでしょう。

『YTM Final Edition』では、以下のような動画を作ってアップしていきます。

  • スライドショー動画
  • 文字スクロール動画
  • ラジオ音源切り抜き動画
  • 総集編動画

イメージとしては以下のような動画です。

あなたもYouTubeを見ている中で、こうした動画を目にしたことがあるかもしれません。

上記の動画は、芸能人の写真を勝手に使っていることから著作権的にグレーゾーンですね。

この動画は『YTM Final Edition』のノウハウをもとに作成されたかどうかは不明です。

しかし、『YTM Final Edition』ではほとんど同じ形態の動画を作ることから、運営側に見つかれば、動画の削除or最悪の場合だとアカウント停止のリスクがあります。

YouTubeアフィリエイトで稼ぐことの難しさ

『YTM Final Edition』はリスクだけではなく、稼ぐことのハードルもかなり高いです。

『YTM Final Edition』の販売ページでは、YouTubeアフィリエイトで簡単に収益化できると何度も強調されています。

爆発的に稼げるチャンスが遂にあなたの手に!

寝ている間も安定した収益をGETし続けることが可能!

やり方さえ知っていれば年齢・性別・住まい、
さらにはスキル・経験すら関係なく稼ぐことが可能!

引用:YTM Final Editionの販売ページより

しかしながら、実際のところYouTubeアフィリエイトで稼ぐのは難しく、収益化のハードルはかなり高いです。

YouTubeにアップされている99%の動画は、ほとんど再生されていない

これを見ているあなたは、きっとYouTubeで収益化することを夢見て『YTM Final Edition』を検討しているのだと思います。

そんなあなたの夢を壊すようで申し訳ないですが、YouTubeの動画は99%が再生されていないというデータがあります。

動画の数こそ膨大であるものの、実際の再生回数の93%は、YouTube上の1%の動画に集中。

また、同じく実際の視聴時間の94%は、やはりYouTube上の1%の動画に偏っているというデータです。

つまり、YouTubeにアップされている99%の動画は、ほとんど再生されることも視聴されることもなく終わってしまっているということ!

皆に見てもらえる人気動画の公開なんて、かなり狭き門であることも現実のようですね。

引用:YouTube、99%の動画は見られてないとのデータ。実際に見られているのはたったの1%だけ?

2016年と少し前のデータですが、これがYouTubeの現実です。

現在は、この頃よりも人気動画と不人気動画の格差が広がり、上記のデータよりもさらにひどくなっている可能性もあります。

再生回数を稼いで収益化できる動画は、ほんのひと握りというわけです。

つまり、『YTM Final Edition』の販売ページ内で語られていることは、鵜呑みにしない方が良いということになります。

YouTubeパートナープログラムへの参加基準も厳しい

YouTubeの動画は99%が再生されていないということ以外にも、収益化するのが難しい理由があります。

それは、YouTubeアフィリエイトのプログラムに参加する基準が厳しいことです。

YouTubeで広告を掲載する為には、以下の条件をクリアしなければいけません。

YouTube パートナー プログラムへの申し込みプロセスを開始できるのは、チャンネル登録者数が 1,000 人、かつ、有効な公開動画の総再生時間が過去 12 か月で 4,000 時間に到達してからです。

引用:YouTubeヘルプ

つまり、上記の条件を満たすまでは、ひたすら動画をアップすることが求められるということです。

それまでは動画に広告を表示することすらできません。

しかも、チャンネル登録者数を1000人まで増やさなければいけないのです。

これは、思っているほど簡単なことではないでしょう。

YouTubeは激戦区

動画の需要や5Gの影響で、今やYouTubeは激戦区と化しています。

様々な分野で影響力を持った人が参入し、質の高い動画をアップし続けています。

TVで活躍していた芸能人やお笑い芸人も次々に参入している状況です。

YouTubeに参入した芸能人

あなたもご存知の方がいるのではないでしょうか?

YouTubeは、こうした著名人がひしめき合う激戦区です。

既に影響力を持っている人達が大勢参入している中で、アフィリエイターがコソコソと動画をアップしても太刀打ちできないでしょう。

ましてや、他人のコンテンツを流用した動画となれば尚更のことです。

よって、YouTubeアフィリエイトで稼ぐことは、『YTM Final Edition』の販売ページで言われているほど簡単ではありません。

勢いに任せて購入してしまう前に、まずはこの現実を理解しておく必要があります。

『YTM Final Edition』のデメリット

『YTM Final Edition』の概要を一通り把握したところで、まずはこの商材のデメリットについて触れておきます。

『YTM Final Edition』のデメリット
  • YouTubeは激戦区の為、『YTM Final Edition』のノウハウが通用するかは危うい
  • YouTubeパートナープログラムに参加できたとしても、常にリスクと隣り合わせ

1.今後のYouTubeでノウハウが通用するのかは危うい

繰り返しですが、今やYouTubeは激戦区です。

知名度の高いユーチューバーが日々、質の高い動画をアップし、視聴者さんを楽しませることに全力を尽くしています。

そんなユーチューバーでさえ、ありきたりなネタをアップすれば登録者が離れていくような時代です。

コラボネタや斬新なネタを提供しなければ生き残れないほど、ユーチューバー同士の戦いは激化しています。

こうした状況の中で、「他人のフンドシで相撲を取る」を地で行くビジネスが通用するのでしょうか?

正直かなり危ういと思います。

プログラムの参加基準すら満たせない可能性がある

『YTM Final Edition』で作成する以下のような動画。

  • スライドショー動画
  • 文字スクロール動画
  • ラジオ音源切り抜き動画
  • 総集編動画

私は、これらの動画が大量にアップされたチャンネルを登録したいとは思いませんし、そもそも動画を再生したいとも思いません。

おそらく私と同じような意見の方は数多くいるでしょう。

つまり、『YTM Final Edition』のノウハウを実践しても、プログラム参加への基準である

  • チャンネル登録者数1000人
  • 且つ、動画の総再生時間が過去1年で4000時間以上

を満たせない可能性があるということです。

上記の基準を達成するまでは、”ただ働き”をすることになります。

2.動画削除・アカウント停止のリスクがある

『YTM Final Edition』のノウハウでは、オリジナル動画を一切作らず、他人のコンテンツに手を加えた動画を作成します。

これは、著作権的にグレーゾーンであり、YouTubeも以下のように警告しています。

著作権を守りましょう。自作の動画または使用権を認められた動画のみアップロードするようにしてください。

つまり、必要な許可を受けずに自作ではない動画をアップロードしたり、他者が著作権を所有しているコンテンツ(音楽トラック、著作権で保護された番組の一部、他のユーザーが作成した動画など)を自分の動画で使用したりしないでください。

詳しくは、著作権センターをご覧ください。

引用:YouTubeポリシー

『YTM Final Edition』を実践する場合は、YouTubeが定めている”法”を破ることを承知のうえで、臨む必要があるということです。

よって、常に動画削除やアカウント停止・凍結のリスクが伴います。

厳しい条件を満たしてYouTubeパートナープログラムに参加できたとしても、安心はできないということです。

ましてや、販売ページ内に書かれてある「完全放置でも長期安定的に報酬を発生させる仕組みを構築」などほぼ無理でしょう。

『YTM Final Edition』のメリット

ここまで『YTM Final Edition』を酷評しているように見えるかもしれませんが、この商材で得られるメリットも存在します。

『YTM Final Edition』のメリットとしては以下の通りです。

『YTM Final Edition』のメリット
  • 趣味の延長線上としてマネタイズするなら、活用価値がある

1.趣味としてマネタイズするならあり

動画にできる趣味をお持ちの方なら、『YTM Final Edition』のノウハウを活用できると思います。

趣味において、人々を惹きつけるような動画をアップできれば、おのずと再生回数も増えていくでしょう。

事実、趣味を動画にアップして人気になったユーチューバーもいます。

なので、ビジネスとして活用するのではなく、趣味の延長線上としてマネタイズするのであればアリです。

これが、『YTM Final Edition』のメリットですね。

『YTM Final Edition』をオススメしている人が多い本当の理由

あなたはこれまで『YTM Final Edition』のレビュー記事をいくつか見てきたかもしれません。

色んなレビュー記事を見た方なら分かると思いますが、『YTM Final Edition』を強くオススメしているアフィリエイターは多いです。
「YouTubeアフィリエイトをやるなら絶対に学ぶべきです!」
「YouTubeアフィリエイトの教材では間違いなくナンバーワンです!」

こうした具合で、『YTM Final Edition』を”激推し”しているサイトは多かったでしょう。

なぜ、稼げる可能性も低く、リスクも大きいノウハウがここまで評価されているのか?

疑問に思いませんか?

『YTM Final Edition』が多くのサイトでお勧めされているのは、アフィリエイト報酬がかなり高額だからです。

『YTM Final Edition』のアフィリエイト報酬は”26,224円”

アフィリエイト報酬「26,224円」の商材などあまり見かけません。

あったとしても数万円~数十万円する商材やサービス等でしょう。

しかし、『YTM Final Edition』は、販売価格が「29,800円」に対して報酬は「26,224円」に設定されています。

つまり、1個売ってしまえばかなりの額が返ってくるわけです。

2個目以降は”高額報酬”が入ってくることになりますね。

この報酬設定に目が眩んだアフィリエイターが、こぞってオススメしているということです。

しかしながら、このレビューで話したように、『YTM Final Edition』にはデメリットが多いです。

購入するかどうかはあなた次第ですが、しっかり欠点を踏まえたうえで検討することをお勧めします。

『YTM Final Edition』を検討している人にお勧めするステップ

もし、あなたがYouTubeで本格的に収益化したいと考えているなら、『YTM Final Edition』は正直オススメはできません。

…というより、YouTube自体が収益化のハードルが高くなっているのは確かです。

本気で収益化したいと考えている人は、YouTube以外の媒体で闘っていった方が良いでしょう。

とはいえ、これから何をどうすれば良いのか分からず、混乱してしまうかもしれません。

なので、今後あなたがとった方が良い行動手順について解説します。

  1. 新たに活用する媒体を決める
  2. Step1で決めた媒体を使う優良商材を探してみる

Step1.新たに活用する媒体を決める

「稼ぐ」ことが目的なら、なるべく他の違う媒体を探していきます。

ここまでのレビューを読んできても、「自分は何としてでもYouTubeで稼ぎたい!」と思うのなら、それでも良いと思います。

ただ、YouTubeは参入障壁はかなり低いものの、収益化のハードルはかなり高いということは心得ておくべきです。

YouTubeでの収益化を諦めるのなら他の媒体を検討していきます。

私個人的には以下の媒体がオススメです。

  • サイト
  • ブログ
  • メルマガ
  • LINE@

これらの媒体は規約に左右されづらいですし、初めから広告を掲載することができるからです。

Step2.1で決めた媒体を使う「優良商材」を探してみる

Step1で決めた媒体を使う優良商材を探していきます。

例えば、あなたが「メルマガ」を選択した場合。

メルマガアフィリエイトに特化したノウハウを探すということです。

  • 「サイト」なら、サイトアフィリエイトに特化したノウハウ
  • 「ブログとメルマガ」なら、ブログ×メルマガアフィリエイトに特化したノウハウ

といった感じで、選択した媒体を活用する商材を探していきます。

こうすることで、教材を買っても稼げなかった…という状況になる可能性が低くなりますし、自分が今後実践するビジネスも明確になります。

ビジネスとしてやるなら「稼ぎたい」と思っているはずです。

ならば、YouTubeの現実を直視し、手法や媒体を変更してみることをお勧めします。

以下の記事で紹介している教材は、漫画の感想文で収益化するという少し変わった手法です。

漫画が少しでも好きな人にとってはこれ以上にないビジネスモデルですし、真剣に取り組めば成果を出すことも可能です。

漫画を読むのが好きで好きで堪らない人にとっては「天職」だと思います。

詳しくは上記の記事で解説していますので、楽しみながら稼ぎたい人は是非チェックしてみてください。

『YTM Final Edition』に潜む”大きなリスク”と稼ぐのが難しい理由~まとめ~

今回は、『YTM Final Edition』を詳しくレビューしてきました。

最後に、これまでの話をまとめていきます。

『YTM Final Edition』の概要

  • YouTubeに動画をアップロードして広告収入を得るノウハウ
  • 作成する動画はオリジナルではなく、他人のコンテンツを編集・流用したもの
  • 著作権的には完全にグレーゾーンなビジネスモデル

『YTM Final Edition』のデメリット

  • YouTubeは激戦区の為、『YTM Final Edition』のノウハウが通用するかは危うい
  • YouTubeパートナープログラムに参加できたとしても、常にリスクと隣り合わせ

『YTM Final Edition』のメリット

  • 趣味の延長線上としてマネタイズするなら、活用価値がある

『YTM Final Edition』を検討している人にお勧めするステップ

  1. 新たにビジネスで活用する媒体を決める
  2. Step1で決めた媒体を使う優良商材を探してみる

『YTM Final Edition』を購入しても良い人

  • 動画作成が好きでたまらない人
  • 趣味の延長線上でマネタイズしようと考えている人

『YTM Final Edition』を購入してはいけない人

  • YouTubeを使って本気で収益化していきたいと考えている人
  • 動画の削除・アカウント停止などのリスクが気になる人
  • そもそも動画作成が好きではない人

『YTM Final Edition』~総合評価~

『YTM Final Edition』の総合評価

YouTubeは、参入障壁こそ低いものの、強者がひしめき合う激戦区ということを頭に入れておくべきです。

プログラム参加への基準も、決して楽なものではありません。

文字スクロール動画が1年で4000時間再生されるのか?

スライドショー動画ばかりのチャンネルに登録者は増えるのか?

この辺りをしっかり考えれば、『YTM Final Edition』で稼ぐのは難しい、ということに気付けるはず。

また、プログラム参加への基準を達成し、広告を掲載できるようになったとしても、常にリスクとは隣り合わせです。

『YTM Final Edition』で推奨されるグレーゾーンな手法を使い続ければ、いすれ動画の削除・アカウント凍結される可能性も否定できません。

YouTubeアカウントが停止になれば、それまでやってきたことはすべて水の泡です。

これほどのリスクを背負ってでもYouTubeに参入したいと思えるのか?

これに「YES」と答えられないようなら、『YTM Final Edition』を実践するべきではありません。

よって、ビジネス目的の人、本格的に収益化したい人にはオススメできないというのが結論になります。

趣味の延長線上で活用するならアリ

ただ、趣味の延長線上で活用する分はありでしょう。

人を楽しませることができるor継続的に動画をアップできる趣味を持っているなら、いずれ収益化できるかもしれません。
「趣味動画をアップしながらいつかはマネタイズ出来たらいい」

という考えの人にはマッチすると思います。

逆に、YouTubeとは違う他の媒体を検討する場合は、以下の記事で紹介している手法がおすすめです。

上記の記事で紹介している商材は価格以上の価値があると認めています。実際に手にしてみることで、あなたの収益化に貢献してくれるはずです。